主な流れについて

マーケティングオートメーションが、どのような流れになっているのかを簡単に説明させていただきます。まずはターゲットとなる顧客リストを作成します。これがなければ営業そのものができなくなるでしょう。次に施策を実行に移します。ある程度経過したら、自社で公開しているサイトや登録してほしいサイトの訪問者数の確認や解析、メールマガジンの開封率などを調査します。

この調査や解析を行わなければ、全くマーケティングにはなりません。解析をしたらそのまま放置していては意味がないので、改善できる点は改善を行い、さらには見込み客の仕分けを行います。見込み客に対しては、積極的に売りたい商品のよさや、登録してほしいサイトのよさなどを発信していくのです。それから見込み客の分析なども行い、やっと購入や登録に繋がってきます。

これらの作業を全て人の手で行うのはとても大変なことですし、人数も必要になってしまいます。そこでマーケティングオートメーションを導入し、自動化できるところは全て自動で行ってもらうというわけです。そうすることで本来人が行う面倒な作業を行う必要がなくなるので、人件費の削減や無駄の削減にも繋がってきます。もちろん人間が行わなければいけないところも存在しています。