いろいろな機能がある

マーケティングオートメーションツールにはいろいろな機能があります。そこでどのような機能があるのかを簡単に説明させていただきます。まずはランディングページを簡単に作成できる機能です。もちろん管理も容易にできるので、安心して使用できるでしょう。コンテンツを出し分ける機能が付いている場合も多くなっています。

他にもリード機能が備わっているのが一般的ですが、このリード機能がかなり役に立つと言えるでしょう。履歴の記録も残せますし、セグメンテーションを行う機能もあるので、これを人の手で行うと、かなりの労力となります。それを自動化できるというのはとてもうれしいでしょう。最近はEメールでのやり取りが多くなっていますが、もちろんEメールを活用してマーケティングを行うことも可能です。

【関連リンク】マーケティングオートメーションシステム:SATORI
集客に強いリード機能が充実しているMAシステム“SATORI”です。

セグメンテーション機能でリストなどを作成し、それを基に一括送信をすることもよくあります。他にも誰かがホームページにアクセスした場合、アクセスしてから一定の時間が経過するとメールが送信されるという機能もあります。もちろん顧客が自分でメールマガジンなどを登録している人などに限るので、苦情になるケースも少ないでしょう。他にもマーケティングオートメーションツールには、さまざまな機能が備わっているのです。


主な流れについて

マーケティングオートメーションが、どのような流れになっているのかを簡単に説明させていただきます。まずはターゲットとなる顧客リストを作成します。これがなければ営業そのものができなくなるでしょう。次に施策を実行に移します。ある程度経過したら、自社で公開しているサイトや登録してほしいサイトの訪問者数の確認や解析、メールマガジンの開封率などを調査します。

この調査や解析を行わなければ、全くマーケティングにはなりません。解析をしたらそのまま放置していては意味がないので、改善できる点は改善を行い、さらには見込み客の仕分けを行います。見込み客に対しては、積極的に売りたい商品のよさや、登録してほしいサイトのよさなどを発信していくのです。それから見込み客の分析なども行い、やっと購入や登録に繋がってきます。

これらの作業を全て人の手で行うのはとても大変なことですし、人数も必要になってしまいます。そこでマーケティングオートメーションを導入し、自動化できるところは全て自動で行ってもらうというわけです。そうすることで本来人が行う面倒な作業を行う必要がなくなるので、人件費の削減や無駄の削減にも繋がってきます。もちろん人間が行わなければいけないところも存在しています。


マーケティングオートメーションとは

マーケティングという言葉はよく聞くけれど、マーケティングオートメーションという言葉はあまり耳にしないという人も多いでしょう。では、どのような意味なのでしょうか。簡単に言えばマーケティングの自動化をすることです。マーケティングというのは、通常人の手で行われています。しかし、人の手で行うことである程度時間がかかってしまうこともあるでしょう。それを自動化することで、短い時間で効率的なマーケティングができるようになるのです。

複雑な作業を自動化することで、効率も高くなることから近年ではマーケティングオートメーションを導入する企業も増えていると言えるでしょう。では、どのようにして自動化を行うのでしょうか。それはマーケティングオートメーションツールと呼ばれている物を使用することで自動化ができるようになります。しかし、営業などは完全な自動化ではなく、ある程度は人が行わなければいけなくなるのが一般的です。そこで営業とデータを共有することで、効率的な作業ができるようになります。

近年は人員を削減し、人件費をできる限り使わないで売り上げに繋げるという企業が増えてきています。そのため、工場などでもロボット化が進められているのですが、この自動化という動きがマーケティングにも押し寄せてきていると言えるでしょう。当サイトではマーケティングオートメーションについての説明や、ツールの機能などをいろいろと紹介しているので、導入を検討している人は参考にしてみてください。